HOME>オススメ情報>介護士の職場環境の改善がサービス向上につながる
男女

都市部では施設が不足している

堺市は大阪の中心部に近いということもあり、老人介護施設は常にいっぱいで空きがなく、順番待ちの状況が続いています。日本は今、高齢化社会の真只中にあり、介護老人ホームは次々と建設されているにも関わらず、慢性的な人手不足が解消されていないのです。そこで、政府は介護求人を充実させるために、介護士の待遇を改善したり、働く環境を整えるなど抜本的な改革に力を入れるようになりました。介護士というのは資格職であり、資格を取得しなければ仕事に就く事ができません。介護士が資格を得てキャリアアップできるようにと資格を取得するための補助金を施設に提供することで、資格の取得を支援するための制度を整えてきました。仕事と両立しながら資格を取得できる環境を整えることが、都市部を中心とした介護士の人手不足の解消につながると考えられています。

職員の教育でサービスの向上に

職員の教育を徹底することで、介護求人の充足を図り、サービスの向上につなげる狙いがあります。特に、大阪の堺市では人と接する仕事である介護士の待遇改善に務めることで、介護施設で働いて着る人が気持ちよく仕事をし、その施設に暮らす高齢者が気持ちのよいサービスを受けられるように力を入れています。介護士の教育に力を入れることで、介護施設における高齢者との接し方も改善されるため、サービスの充実を図ることができます。介護職というのは労働環境の改善を長年求められてきた職業の分野であることから、国が改善策を提案し、その計画に基づいて職場環境が改善されたり、職員の教育が徹底されたりすることで、サービスの向上につなげる努力が進められています。職場環境が人との接し方も変えていきます。

広告募集中